読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Aviutlによるミリマス静止画MAD製作講座 その1準備編

なんか記事のタイトルが『ツッパリHigh School Rock'n Roll 登校編」みたいになってて草。ハバネロです。いや、そこは『恋のLesson初級編』じゃないのかよ。


まずは宣伝から始めますが、昨日の夜中に新作を投稿しました。

みんな見てね!

……で、その流れで「ミリマス静止画MADを作る人増えたら、全体の底上げが起こって僕の動画の再生数倍になるよね(ゲス)」みたいなことを言ってたりしたわけですが、「けっきょく作り手側の人口がそこまで増えねえのは、作り方が共有されてないからなんじゃねえの?」ということに思い至りまして。

昔、ニコマスの黎明期には「オンナスキーPのMAD作成工程」という動画の作り方講座があり、ここで作り方を学んでPデビューした人がたくさんいました。
第二回ミリマス合作の公開も控えていますし、新しい人も少しずつではありますがデビューしていってる現状だからこそ、こうしたミリマス静止画MAD製作講座が求められているのではないでしょうか。

そんなことを言ってたらけっこう皆さんの食い付きがよかったので、何回かに分けて、主にこれから動画を作りたいという人向けに「僕はミリマス静止画MADをこう作ってます!」というのを紹介していこうかと思います。
あくまでも「僕なりのやり方」なので、一から十まで鵜呑みにする必要は全くないと思います。
また、既に作っている方も、僕のやり方をどんどんパクっていただいて構いません。あるいは「あいつのやり方は甘い、俺が本当の動画の作り方ってやつを教えてやるぜ!」ってことで、自分の製作ノウハウを見せてくれたりすると僕が喜びます。MAD道とはパク……リスペクトし合いと見つけたり。


さて、いささか前置きが長くなりました。第一回めとなる今回は、「準備編」ということで、実際に動画を作る前の下準備の話から始めていきます。

編集ソフトの話:Aviutlの導入

静止画MADはAE使える人の領域……だったのは昔の話、今はフリーソフトであるAviutlの拡張編集プラグインを使うことができるので、新しく静止画MADを作り始めるハードルはかなり下がっています。

基本的な編集用プラグインがセットされたzipファイルが、Aviutlのお部屋などで配布されていますので、初心者のかたはまずこちらから手を出すのが良いと思います。詳しい導入などはリンク先のページを参照してください。ぶっちゃけそこまで書くのめんどい

Aviutlの利点としては、まず導入が無料であることと、有志によるエフェクトなどのプラグインがネットのあちこちにアップされていることがあげられます。
なので、自分なりのカスタマイズが容易に可能なのは特筆すべき点でしょう。
ただし、インストールプログラムではないからか、自動アップデートみたいなのはかからないので、ご注意を。かくいう僕もだいぶ長いことアップデートやプラグインの追加をサボっています(苦笑)。
現在僕が使っているAviutlの一式をここにアップロードしておきますので、もし参考にしたい方がいたらDLのうえ解凍してみてください。
あと素敵なプラグインをご存じの方は色々教えてください、何でもしまばら!

素材入手法:イラスト編

さて、調理器具(編集ソフト)が手に入ったら、次は食材(画像素材)を探しに行きましょう。
まず、ミリマスのゲーム中のイラストは、大きく分類するなら「カードイラスト」「立ち絵」「背景素材」に分かれます。
同じカード由来の絵でも、下のように「立ち絵」と「カードイラスト」でエフェクトや構図などが違っていたりすることもあるので、両方揃えておくとなにかと便利です。

こうした画像素材は「自分で入手する」「どっかに上がってるのを借りてくる」の二択です。
僕は主に、後者の「どっかに上がってくるのを借りてくる」方法を取っています。
理由は簡単、めんどくさいからだ!(クズ)


さて、立ち絵に関してはこちらの「ミリオンライブ立ち絵収集ろだ」がとても便利です。
リンク先のトップにあるように、現在2014年2月頃までのカード分の立ち絵はzipファイルにまとまっています。それ以降の立ち絵も有志によるアップロードが行われているので、アップローダーを根気よく検索すれば見つかります。最新のイベントやガシャで追加された立ち絵なども比較的簡単に手に入るので、カード追加後にチェックしに行くと良いかも。


カードイラストに関してはこちらのまとめサイト「グリマス日和」を活用させて頂いてます。
「枠無し」という記事カテゴリで、随時枠無しカードイラストのまとめを更新してくれています。アイドルごとにまとまっているので探しやすいのが強みです。
ただ、キャラクターによっては更新がしばらく止まっているものもあるので、そういう場合はおとなしく待つか、「ミリオンライブ枠なしカード画像収集ろだ」に行ってみると良いでしょう。


ゲーム中背景素材については、自らもミリマス静止画MADを投稿されているレアリズさんがまとめてくれている、こちらのOneDriveにある「ミリオン背景まとめ」を活用すると良いでしょう。ダウンロードしてzipを解凍すると、イベントや営業ごとに連番で管理された画像フォルダが現れます。


立ち絵と背景画像については、Google chromeFirefoxなどで「携帯用ソーシャルゲームをPCブラウザでプレイできるようにするアドオン」を用いてフラッシュファイルを分解することで入手が可能です。これがいわゆる「自分で取ってくる」方法です。くわしくはググってください(丸投げ)。

あと、「ガシャやイベント更新後にTwitterのタイムラインに流れてくる画像をすかさず保存する」という拾い食いめいた方法もあります。
またカードイラストについては、アドオンをかまさずとも、スマホでミリマスを立ち上げ、画像を保存→スマホ経由でdropboxなどにアップロード→PCへ画像ファイルを移動」という方法もとれます。多少まだるっこしいですが(苦笑)。

いずれにせよ、ミリマスのゲーム中に出てくる画像素材はいろいろな方法で入手が可能です。なので、素材の面でも比較的ハードルは下がってきているといえるでしょう。

素材入手方法:その他画像素材やエフェクト素材など

メインの材料はこれまで書いてきた方法で入手が可能ですが、それ以外の背景素材などについては、ぶっちゃけ「ググれ」もしくは「買え」としか言いようがありません。
ニコニ・コモンズに上がっている素材を使うもよし、必要な素材があったら「○○ 画像 素材」とグーグル先生に尋ねてみるもよし、あるいは市販の素材集を購入するもよし、です。

僕が主に使っているのは、こちらの市販の画像素材集です。

1600円でいろんなバリエーションの画像素材があるのでだいぶ重宝しています。お値段も他の素材集に比べてだいぶ安いのでおすすめ。
あとは、昔フォトショップエレメンツのカスタムオブジェクトで適当に作った素材(矢印とか花とか輪っかとか)を使っています。
これに関してはまあ適宜使っていくという感じで、必須ではないので各人の好みで……といったところでしょうか。

音源素材について

画像素材が揃ったら次は音源の話です。
留意しておいてほしいのが「基本的にAviutlは、WAVファイルの音源を扱うものであり、MP3ファイルの音源の扱いに向いてない」ということです。もちろんそのためのプラグインを導入すればMP3ファイルも使うことが出来ますが、僕は一度これやって音ズレが出まくったので二度とやらねえと心に決めました。

なので、使いたい音源がMP3ファイルの場合は、フリーソフトである「Audacity」を使って、MP3音源を「WAVファイルで書き出し」するのが、お金もかからないし編集時の不具合も起こらない一番面倒のない方法かと思います。

あと、あんまり褒められた方法ではないかもしれませんが、Craving Explorerを使って、youtubeニコニコ動画などに上がっている動画の音源をWAVファイルとしてDLする」ということも可能です。
MAD作ってる時点で著作権なにそれおいしいの状態だろ何言ってんだって話ではあるんですけどね!
しかし、この方法は、特に「アニメなどのOPやEDをその尺のまま使いたい!」という時にはとても重宝するやり方です。僕の動画だと、可奈ちゃんのやつがその方法を使っています。音源切り貼りするのめんどくせーんだもん


ネタ出しの方法

というわけで、ここまででとりあえず素材として必要なものはだいたい揃ったかと思います。あとは素敵なネタがあれば動画制作を始めることが可能な状況になりました。

まあそのネタが問題なわけですが……w
僕の場合は、動画を作る出発点はほぼ「あ、この曲の歌詞このアイドルっぽい」です。実に単純ですね。そこから、「この歌詞のところはこのカードの絵が合いそう!」まで来たら最高です。編集しながら「どの絵あわせたらいいんだ……?」って悩まなくて済むので。ぶっちゃけ作ってる途中に一番しんどいのがこれだったりします。

勿論、「アイドルに合うかどうかはさておきこの曲で作ってみたい」とか「このアニメやゲームのOPのパロディやってみたい」というのも全然ありです。きっかけはなんだって大丈夫、続くレインボー。



ということで準備編はおしまいです。いよいよ次からは、製作時、どういうことをやっているかという実践編に突入していきます。それでは皆様、みりおっつー。