読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iM@S WAVE SONICに出ますよ、という話。

ニコニコ動画 ニコマス アイドルマスター

aup1109.blog.fc2.com



ということで、表題にも書いたし冒頭にリンクも貼ったとおり、「ニコマスとP」編集部主催による大型フェス形式のニコ生イベントiM@S WAVE SONIC」がいよいよ明日5月3日より開幕します。
現在僕を含めた編集部のスタッフは直前準備で大わらわなのですが、作業等々の息抜きも兼ねて、告知兼所信表明みたいなものを少し書き留めておこうかと思います。

僕の出番は2つです。
まずは二日目、5月4日20:30スタート「MILLION LIVE STAGE!」にて新作PV動画が一本公開されます。これ書いてる今も作業中です。やばいです。進捗が押し寄せてきてます。
続いて三日目、こちらは表立って告知はされていませんが、5月5日20:30スタート「CINDERELLA GIRLS STAGE」にて、大作さんと組んで新作動画を一本公開予定です。本田とキムタクのコラボが見れるのはたぶんアゥソニだけです。大作さんの漫画が動きます。つーか動かしました。やばいです。抱腹絶倒不可避です。
どちらもぜひご覧になってくださいませ。


以上、告知すべきことはきちんと告知したうえで、参加者として思うことをつらつらと書いておきたいと思います。

……つうか、本来は動画出す予定じゃなかったんだよ!!!
偶然の一致か運命の導きかは知りませんが、スタッフに徹する予定が気づいたら動画二本も新しく作ることになってるってなんなのなのw
他にもなんか細々としたお仕事……告知用のプロデューサーラインナップ画像だったりフェス開催告知やP紹介の煽り文だったりを引き受けたり、加えてミリオンライブステージのとりまとめをニコマスにおけるミリマスの総元締めであるミントガムPと二人でやることになったりして、「もう僕のポジションどこなんだ……?」というねw


まあ、ニコマスにPとして足を踏み入れてからもう七年も経ちながら、それでもこの世界の最前線に立っていられるのは、編集部にいるおかげという面もありますので、そのへんの恩返しだと思えば悪くないんでしょうか?

……これはちょくちょく言っていることではあるんですが、アニマスが終わって劇場版に至るまでのしばらくの間、僕はニコマスPとしてはほぼ開店休業状態でした。
なんか入院したりとか、シンデレラのイベントで爆死してやる気を失ったあげく艦これラブライブにハマり込んで、アイマスニコマスとの距離は遠ざかるばかりの状況で、「ニコマスとP」編集部における活動が僕のアイマス/ニコマス民としての最後のよすがとなっていた時期が、しばらくありました。
「……いやお前去年からだいぶアクティブに活動してたやんけ!」というツッコミがそろそろ入る頃かと思いますが、そうやって復帰出来たのは劇場版とミリオンライブのおかげ、なんですよね。
特に劇場版を経てから登録だけして半年くらい放置プレイ決めてたミリオンに復帰してからは、新しいアイドルや新しいプロデューサーとの出会いが沢山あって、そのおかげでこうしてまたPとして活動できているという面が、確かにあります。
特に今回は、(大作さんの方はあくまでお手伝いなので)ハバネロP個人としてはミリオンライブステージの方に出演ということで、奇妙な縁というかUNMEI感じてるんだよ。
まあなんというか、今回の出演は主に「編集部とミリマスへの『Thank You!』の気持ちを込めて」という部分がありますよ、というお話です。


そのミリオンライブステージですが、僕とミンガムくんについてはあくまでも運営側ということで、新作一本のみの参加になっていますが、他のメンバーについては新作旧作一本ずつ流れるという大盤振る舞いになってます。
ミリオンライブというコンテンツは、現時点での人気、知名度において、残念ながら765ASやシンデレラガールズの後塵を拝している状況ではあります。
それはニコマスでも同様で、やっぱり動画作ってる人も数もまだまだ少ないんですよね。
逆に言えば、それは可能性とか伸びしろとか、そういうものの塊であるとも言えると思うんです。
アイドルたちのキャラクターをいろんな方向に掘り下げていくことも、あるいは様々な方法でその良さを表現していくことも、まだまだいろんなことがやれる余地が大量に存在していると思います。
そうした表現の可能性をいろんな人に感じてもらいたくて、今回のミリオンステージは、様々な作風のPを集めて、アイドルたちのいろいろな面を見せられるように……というコンセプトのもと、ミリマスが既に好きな人も、ちょっとまだ手が出し切れてない人も、楽しんでもらえるものにしようと頑張ってきました。できれば僕達のステージを見て、自分の感じるミリマスの良さを表現する側に回ってくれる人が出てくれば、最高の結果と言えるんじゃないでしょうか。我が765プロライブシアターはいつでも君を待っているぞ。
……あとこれはちょっとしたネタバレ予告ですが、今回出す新作は僕がミリオンライブにハマるきっかけを与えてくれた、あるアイドルをメインにおいて描いたものになっています。もともとその子の誕生日に上げる予定だったのですが、作業が遅れに遅れまくった結果巡り巡って今回アゥソニでお披露目ということになりました。作り始めたの2月だったのにまだ完成してないよなんなの。ミリオンで動画作り始めておよそ一年、まだまだつたない部分も山ほどありますが、せいいっぱいできることをやって、そのアイドルの良さを表現しました。ご期待ください(マグロ)。ックス要素はありません。


さて、「ミリマスは可能性だ!」という話をしましたが、それはニコマスアイマス全体でも同じだと思います。今年10周年を迎えるアイマスというコンテンツは、まだまだ可能性を秘めているし、ニコマスも依然、その可能性を表現していく場であり続けています。
ニコマスには、多くのPが今まで作ってきた可能性の蓄積があります。
そしてこれからも、誰かによって作られた新たな可能性が波紋となって、また別の可能性を呼び起こしていくことになると思います。そしてそれは、いつしか大きな波を形作っていくことになるでしょう。

なんかいろいろ長いこと書きましたが(ホントは動画の進捗やばいからまだ作業残ってるんでこんな長文書いてる場合じゃないんだけど)明日からみんなで楽しみましょう!ということです。
それぞれのPが丹精込めて作り上げた作品の芳香に酔いしれ、新たな可能性の萌芽にいっぱいワクワクして、みんなでそれを共有する楽しさに熱狂しましょう。

それが、アゥソニの一スタッフであり、ついでに一出演者でもある僕の心からの願いです。


それじゃあみんな、楽しんでいこーぜ!

書きたいこと書いたし作業しよ~っと(o・∇・o)