読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

艦これ航海日誌 アルペジオコラボイベント「迎撃!霧の艦隊」攻略指南

皆様年の瀬をいかがお過ごしでしょうか。ハバネロです。
どうにかこうにかクリスマス前に長門さんを無事に建造したので、イブの夜は「いつもお疲れ様だな、今日ぐらいは一緒に飲もう」という言葉に甘えて、エビスビールを傾けていました。

あと陽炎主役の艦これノベライズがかなり良作でした。スト魔女の「いらん子中隊」シリーズが好きな人はかなり楽しめるんじゃないでしょうか。あと曙ちゃん完全にメインヒロインなので、クソ提督の諸兄は必読ですぞ。

さて、クリスマスイブから始まった「蒼き鋼のアルペジオ」とのコラボイベントですが、皆様攻略の進捗どうですか!年末年始帰省やコミケでそれどころじゃないという人も多いと思いますが、今回のイベントは秋イベントに比べて楽なので、数日あれば十分に攻略することが可能だと思われます。

というわけで久々の、そして年内最後の艦これ記事は、「迎撃!霧の艦隊」イベント攻略指南をお送りします。

E-1 観音崎沖迎撃戦

●海域開放条件
任務『謎の潜水艦「イオナ」と接触せよ!』を達成が条件です。
この任務を達成するには潜水艦の複数撃破が必要です。ソナーや爆雷を積んだ軽巡で西方海域(第四マップ)の4-1/4-2/4-3あたりに出撃すれば行けるはず。西方海域が未開放の提督は、1-4に敵潜水艦が配備されたと公式からアナウンスが有りましたので、こちらに出撃しましょう。

●攻略編成
オススメ編成:戦艦・戦艦 or 重巡 or 雷巡・重巡or雷巡・なんでもOK・正規空母 or 軽空母イオナ
敵は基本的に重巡クラス以上が出てこないので、比較的ラクなマップです。
逆に言えばこちらの攻撃回数を増やすために戦艦は最低一隻入れる必要があるわけです。
ボスでは空母も出てくるので、航空戦で負けないように空母系も一隻欲しいですね。艦上戦闘機を多めに載せられる加賀さんか赤城さんがオススメです。
他三隻はぶっちゃけ好みで構わないと思います。雷巡が育っているなら先制攻撃を入れる意味で一隻は入れておきたいですし、コスト重視なら一隻駆逐艦を入れてもいいと思います。

そして最後の一枠はイオナ
イオナを始めとした霧の艦艇はどれも破格の性能を有していますが、その中でもぶっちぎりのバランスブレイカーなのが彼女。
通常の潜水艦の五倍近い耐久で、軽巡・駆逐・軽空母の攻撃を全部吸い込んでくれるのでとても優秀なメイン盾です。
コストはかかりますが、それを補って余りある性能だと思います。

僕の攻略編成は長門改・最上・木曾・能代瑞鶴イオナでした。
潜水艦居た時に備えて能代連れてったらほとんど置物だったのは秘密。ただコスト的には良かったかも。

●陣形
道中:単従陣 もしくは 複縦陣
ボス:単従陣

道中の敵もそこまで手強くないので、全部単縦陣で突っ切っても全然いける……はず。
ボス戦ではタカオのビーム攻撃で壊滅させられないことを祈りましょう。こればっかりはどうしようもない。
ボスの必要撃破回数は3回です。

E-2 硫黄島周辺海域

●海域開放条件
任務『情報収集!ツンデレ重巡を探せ!』(遠征6回クリア) 及び 『霧の艦隊重巡「タカオ」と接触せよ!』(ボスにA勝利以上を四回)を達成が条件。
前者は短時間遠征を回せばすぐにいけるはず。後者に関しては、1−1でキラ付けついでに行うか、羅針盤に嫌われるのを避けるなら、ボスに必ず行けるE-1を回るのもアリです。E-1に関してはタカオが居なくなっているので楽な上に、レアドロップも狙える可能性があるので結構オススメかも。

●攻略編成
オススメ編成:戦艦・戦艦・雷巡・雷巡 or タカオ or 空母空母イオナ
ここから敵の火力が上がってくるうえに、ボス戦で大戦艦級のハルナ・キリシマを相手取る必要があるので戦艦は二隻入れておきたい所。
今回もザコ敵の攻撃を受けるためにイオナはほぼ必須と見てよいでしょう。加えて雷巡と空母を一隻ずつ入れておいて、残り一枠は空母雷巡タカオからお好みで一隻をチョイスする感じでいいと思います。

僕の場合は、比叡改ニ・榛名・木曾改ニ・タカオ・瑞鶴イオナでした。

●陣形
道中:複縦陣
ボス:単従陣

道中で複縦陣を使うのが最大のポイントかもしれません。
複縦陣を使う目的としては、イオナと雷巡の先制雷撃二発で雑魚を仕留め、結果としてHPが削られるのを防ぐということがあります。
道中で絶対にマヤもしくはキリシマと戦わざるを得ず、そこでビームくらってうっかり中破もしくは大破というリスクを避けるためには、僅かでも被ダメージを下げておくと良いのでは?という戦略です。
加えて、タカオを編成に加える場合はこちらもビーム攻撃で複数落とせるチャンスがあるので、あらかじめ数を減らしておけばビームが当たりやすくなるかな、という考え方もできます。
つまり、防御をとるよりも確実に攻撃の試行回数と与ダメージを上げていく戦略が重要なマップということが言えます。
潜水艦削りもありという情報をあちこちで見かけますが、道中で軽巡がかなり出てくることもあってイオナ以外の潜水艦は事故率が高い気がするので、個人的におすすめはしません。支援艦隊も使えないしね。

ボス戦はハルナとキリシマがいるので、ビームによる事故被弾に気をつけつつ頑張りましょう。場合によっては夜戦突入も選択肢に入るかと思います。どうか武運長久を。
ボスの必要撃破回数は4回です。

E-3 霧の艦隊 艦隊決戦!

●海域開放条件

任務『対霧の艦隊「演習」を実施せよ!』(演習四回勝利) 及び 『霧の艦隊大戦艦「ハルナ」と接触せよ!』空母8隻撃破)達成が条件。
地味に演習四回勝利がキツイ気がしますが、潜水艦部隊を放置している提督に対潜装備+単横陣で挑むか、運良く単艦放置してくれてる提督に当たるかすればなんとかなるかな?この任務は演習を3回行う任務と平行して受けることができるので、それも上手く利用してみてください。
空母撃破に関しては南西海域(第二マップ)の2-1/2-2/2-3あたりがオススメ。軽空母でもいけるので、資源回収のオリョールクルージングのついでにやっちゃうのが一番いいかもしれませんね。

●編成
オススメ編成
1)戦艦×4(うち一隻はハルナ)・タカオ・イオナ
資源に余裕のある提督向け。圧倒的な火力で敵を殲滅します。消費量がマッハなので注意。
2)戦艦×3(うち一隻はハルナ)・タカオ・空母イオナ
1マス目にエリート空母二隻が出てくるので、その対策に空母を組み込んだパターン。
3)戦艦×4(うち一隻はハルナ)・空母or雷巡・イオナ
タカオはボス前やボス戦で被弾しやすいので、あえて外して殴りに行くというのも一手。
コストや夜戦火力をを重視するなら空母を雷巡に変えるのも。
4)戦艦×3(うち一隻はハルナ)・空母空母or雷巡・イオナ
タカオを外して先制攻撃と制空権に意識を割いた編成。

ボス前のマヤとの戦闘、およびボス戦の敵火力が高いので、火力と防御力を担保する意味でハルナを含めて戦艦は最低3隻欲しい所。また、資源消費がヤバイ場合は、被ダメージ率と消費コストを考えてタカオを外すことも考慮に入れていいかもしれません。
また、例によってイオナはほぼ必須といって良いと思います。メイン盾。

僕の場合は、最終的に金剛改ニ・ハルナ・比叡改ニ・陸奥・タカオ・イオナでした。
ただしボスまで行って殴りあうと資源消費量がホントにヤバイので注意。


ブチ切れて武蔵を引っぱり出さなくて本当に良かった(小並感)

●陣形
道中:1マス目輪形陣、それ以外は複縦陣
ボス:単従陣

先述したとおり、1マス目はエリート空母が二隻出てくるので、対空を鑑みて輪形陣が安定します。
それ以外はE-2同様に、先制雷撃を当てに行くことを考えて複縦陣が安定でしょう。特に雷巡を入れる場合は効果的です。
ボス戦ではコンゴウがかなり手強いので、夜戦で撃破することが多くなると思います。
連れて行く艦は夜戦を考えて連撃装備にしておくと良いでしょう。戦艦は主砲・主砲・電探・三式弾がオススメ。
相変わらずビーム攻撃による事故には注意です。祈りましょう。
ボスの必要撃破回数は5回です。

備考

司令部レベルにより敵編成が変わるそうです。ちなみに僕はLv89でした。
アルペジオ組は資源の消費量が半端無いのでそのへんも注意。大型建造で溶かしちゃった人は特に注意。
資源消費量にビビって一回の出撃で確実に仕留めねば、と焦るのは禁物です。焦りは無理な進軍の原因になりますし、無理な進軍は轟沈の原因です。「帰ろう、帰ればまた来られるから」の言葉を常に忘れずに。
Twitter見てるとちらほら轟沈報告が上がっているので、お節介かもしれませんが付け加えさせて頂きます。
ちなみに僕はイベントで燃料と鉄がだいたい1万くらい目減りしました。年明けまでオリョールクルージングと遠征オンラインです。大鳳?知らない子ですね……

総括

秋イベントに比べれば難易度は低めであったとは思いますが、秋イベントとはまた違った戦略、楽しみ方がある良イベントだったと思います。繰り返しになりますが、年末年始の合間に攻略することも十分可能なレベル。
鍵は道中で複縦陣を上手く使うことと、イオナに盾として活躍してもらうこと、この二点です。

そこに気をつければ伊四〇一ゲットはそんなに難しくないぞ!さあ皆も日焼けスク水っ子をペロペロしよう!誰だコミックLOとか言った奴は!w


それでは皆様、よき提督ライフを。
そして、良いお年を。