読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MAD動画ライナーノーツ:アイドルマスターシンデレラガールズ "Never Forget Your Magic"

しわっす!ハバネロです。
気づけばもう12月ですね。なんか今年はホント何も出来ぬまま過ぎていきそうだ……いやだわあ。

そうやって自分が色々壁にぶつかっている間も時は着実に流れているのを実感する出来事として、先日アイドルマスターシンデレラガールズが無事二周年を迎えまして、その記念として『お願い!シンデレラ』のアニメPVが公開されました。

これが大変出来のよいPVで、そうして新素材が公開された以上ジェバンニ合戦が始まるのはもはや確実!ということで、僕もそのビッグウェーブにちょろっと乗らせていただきました。


今年三本目のアイマス動画ですね。一時期を思うとホント制作頻度下がったな……
その辺りはさておき今回の動画に関する製作メモを残しておきます。


使用楽曲はMAN WITH A MISSION『フォーカスライト』。2012年のCDショップ大賞にノミネートされたアルバム「MASH UP THE WORLD」に収録されています。

MASH UP THE WORLD

MASH UP THE WORLD

このアルバムは、ツイッターでめいろっくPに「マンウィズ聞くならこれがオススメですよ」と教えて頂いたのですが、『フォーカスライト』以外にも良曲がずらずらと並んでいますので、今回の動画で興味を持った人にはぜひ聞いてもらいたい一枚。個人的オススメは『FROM YOUTH TO DEATH』と『colours』ですかね。
選曲の理由は歌詞がとても良いから、というか『お願い!シンデレラ』と同様に「魔法」が一つのキーワードになっていること、加えて「節目」や「区切り」を連想させながらも「その先へと続いていく」感覚を歌っているところにあります。


編集について。

Bメロ終わりからサビの入りの部分に、何が何でも「ドアが開いてからドレスに変わっていくシーン(0:47あたり)を合わせる!」というのを最初の出発点にしていきました。そしたら殆ど編集しなくてもシーンの切れ目と曲の切れ目がビシッとハマっていってくれたので、あとは微調整。
2サビに入る所(ドアが開いて星が写る場面、1:12~1:15あたり)を速度調整し、1:33あたりに元PVのイントロにあった時計のシーンを挿入し、夜の運動場と階段の踊場のシーンを切り取って最後のアウトロに移動した以外は、殆ど元PVの流れを保ったままにしています。

Aメロ部分はけっこうどうするか迷ったのですが、Bメロへの接続を最優先にし、島村さんが黒板に文字を書くシーン〜蘭子が振り返るところから青空にパンしていくシーン(0:15〜0:36)までは、これもほとんど手を加えずにタイムラインに配置しています。その後入る「cast a spell on me!!」の字幕は完全に尺あわせですw
イントロから歌い出しまでは割と適当に。裏のSEと扉が開くシーンを合わせたりとか、タイトル画面に「Never Forget Your Magic」の字幕を入れたりとかしてますが、あまり厳密にこだわって編集しては居ませんね……w


字幕と色調について。
これに関してはだいたい、この前に作った「【MAD】あの日タイムマシン【ラブライブ!】」の踏襲です……w
もっと言えば、色調に関しては『けいおん!』のED、特に『No,Thank You!』と劇場版の『Singing!」をかなり意識して作っていますね。あと、白いフォントで字幕を載せる都合上明度を下げたほうが良いので、コントラストを上げて明度と彩度を下げるようにしています。
歌詞字幕のフォントはヒラギノ角ゴProW6を使用しました。タイトル画面の英語はAnastasiaを使用してます。
アーニャ出てるからね、仕方ないね。


その他。
サムネについては、前を向くしぶりんに「夢が」の字幕が写っている所(1:22あたり)と迷ったので、早朝のTwitterでアンケートを行った所、島村さん(現在のサムネ、1:39)に2票、甲乙つけたがたいからコイントスに1票、という結果になったのを反映したものです。早い時間にもかかわらず回答を寄せてくださった皆様に感謝です。
タイトルについては、「マンウィズは結構消されやすいので偽装タイトルを考えなきゃなあ」と思った結果、歌詞の「あなたがくれた魔法を 僕らは忘れないから」を適当に英訳した「Never Forget Your Magic」にしました。文法間違ってないよね?
動画の最後に出てくる「We'll never end our dream as a dream」ですが、これは『お願い!シンデレラ』の歌詞にある「夢は夢で終わらない」を適当に英訳したものです。最後なんかないと寂しかったので。ちなみにフォントはAgency FB。
今回ホントに適当な英訳が活躍しすぎです。


改めて制作メモをこうして書いてみると適当にできるところは適当にすませているあたり、僕の性格がとてもよく表れていますね。というわけで久々の新作、如何だったでしょうか。ぶっちゃけ1000再生も回れば御の字だろう、と思ってたところに3000再生超えたりしててなんかびっくりしてます。動画作り始めてずいぶん経ちますが、いまだに自分の再生スコア予想はまったくアテになりませんね……w
年内になんとかもう一本くらいまともなの作りたいような気もしますが、きっちり時間をかけたいような気もするので、もしかするとデビュー6周年に何かぶつけるかもしれません。過度な期待はしないでお待ちください。ではでは。提督業に戻ります。