読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

古都・京都のオタク事情2011

ムギちゃんのバイト先(のモデルになったマクド)まで徒歩五分、最寄りのアニメショップまで自転車で20分ちょい。
そんな所に住んでいます。ハバネロです。

このへんの記事がちょっと面白かったので、自分でも京都のオタク事情について少しまとめてみようと思います。

京都のオタクショップ事情。

京都において、アニメ・同人関係のショップはほぼ全て、京都市でも最大の繁華街である三条・四条通界隈に集中しています。
ほんの少し前までは、新京極通のアーケード街の中に、売場面積の死ぬほど狭いアニメイトメロンブックスが同じビルに入っていて、さらにそのひとつとなりの寺町通にこれまた狭いゲーマーズがある、というなんとも微妙な感じでした。
昨年秋に「放課後ティータイム?」が出たときにはアニメイトの店内に行列ができちゃってて、ただでさえ狭いのに大変なことになってました(遠い目


しかし昨年末、ビルをまるまるひとつ占拠するとらのあな京都店がオープンしたことでちょっと状況が変わりつつあります。
同人誌とか、アニメ関係のグッズなんかがかなり手に入れやすくなりました。
とくに同人誌に関しては、欲しい物がとらのあなでしか委託されない、ということもよくあって、そうなると電車乗って大阪まで出て行かないと行けないのでいろいろ面倒でもあったのですが、少し楽になりました。

まあ、それでもやはり大阪・日本橋のとらやメロンの品揃えに比べると見劣りするので、本当に欲しい物がある場合は阪急なり京阪なりに乗って大阪まで繰り出すのがベターではありますが、それでも死ぬほど狭いメロンブックスの店内に申し訳ほどの同人誌しか手に入らなかった頃に比べると随分変わったものです。
僕はまだ利用したことないですが、らしんばんも京都店ができたりして少しずつ充実が図られている、という印象ですね。

加えて、もともとこの界隈には大規模書店があっちこっちに立ち並んでいるので、本や漫画に関してはだいたい揃う、という状況になっていると言っていいんじゃないでしょうか。
あとは、アーケード街のそこここにちょっと怪しげだけど食玩やコレクションフィギュアを中心に扱うお店もあったりします。

こうして書くと意外と充実してる印象。


京都マルチメディア事情。

オタクショップに関しては三条・四条界隈が非常ににぎやかですが、家電・マルチメディアに関してはここ最近では京都駅周辺がエラいことになりつつあります。
3年前にオープンしたビックカメラに続き、昨年ソフマップヨドバシカメラが次々に店舗を出してきて、ちょっとした戦争の趣です。
立地と品揃えを考えると、三店舗の中だとヨドバシカメラがやや優勢かな?って感じですが。
余談ですが、アイマス2はソフマップで予約しました。予約券がそこでしか見つけられなかっただけなんですがw

アイドルマスター2

アイドルマスター2


京都音楽事情。

京都は音楽的にもけっこう恵まれた土地だったりします。
CDを手に入れるにしても、タワレコHMVから中古CD屋さん、果てはツタヤにいたるまで結構マニアックなニーズにも答えてくれるラインナップが並んでてびっくり。
マニアックすぎてさっぱり分からない品揃えが売りになってるお店さえありますw

行ってみると「〇〇が好きな人にオススメ!」とかPOPが踊ってるんですが、その〇〇の中身がなんなのかすら分からないという…w


また京都は、くるりをはじめ10-FEETPINKLOOP、最近だとモーモールルギャバンとか、多くのバンドを輩出している土地でもあります。なのでライブイベントも盛ん。

ベストオブくるり/ TOWER OF MUSIC LOVER

ベストオブくるり/ TOWER OF MUSIC LOVER

大きいイベントだと、くるり主催の「京都音楽博覧会」、10-FEETが主催する「京都大作戦」はもはや年中行事になりつつありますし、京都Metroでのクラブイベントも非常に盛んに行われています。

こんどこういうのやるらしいです。
出演者に初音ミクとかめちゃくちゃ気になるんですがw
でも卒論と動画が一番忙しい時期なのでそんなヒマないなw


京都同人事情。

同人イベントに関しても、中規模クラスのイベントがちょくちょく開催されてます。
会場になるのは、平安神宮のすぐ近くにあるイベント会場・みやこめっせ

しばらく前までは関西では最大クラスの東方オンリーイベント「東方紅楼夢」はここで開催されてました(現在は会場をインテックス大阪に移しています)。
小規模な同人イベントを同日開催でたくさんやるのが特徴で、11月には「勧業祭」と銘打って、けいおん・なのは・ストパン舞姫・東方その他もろもろ8イベント同時開催をやってのけたりしています。
けいおんオンリーだったので僕もしっかり友人と連れだって遊びに行ってましたけどw
そしてアフターイベントでどうでもいい張り紙をゲットして帰ってくる友人ェ……


そんなみやこめっせで近々開かれる目玉イベントとしてはこちらがあげられますね。

ボカロ好きの友人からの情報だと、参加サークル数もエラいことになってるし、有名Pも多数参加(絵師じゃないKEIさんとか、ささくれPさんとかは僕も大ファンです)とのことで、みやこめっせ史上最大クラスの混雑になるんじゃないかな、とのこと。
Angel Beats!オンリーも同時開催とのことなので、なかなか忙しいことになりそうな……

そんな感じで規模も回数もそう大きくはないですが、面白いイベントが結構開かれてるかんじです。


おまけ:京都聖地巡礼事情。

京都といえば、いろんなアニメの舞台にもなってるところですね。
けいおん!は言うに及ばず、「四畳半神話大系」「少年陰陽師」なんかもそうですし、「ARIA」で出てくる神社の元ネタは伏見稲荷大社だったりいろいろ。

で、もともと観光地としての人気が高いことも手伝ってか、「聖地」になってるメジャーな観光地行くと結構エラいことに。
交通網が発達してることもあって、他の場所に比べれば「聖地巡礼」がやりやすいのもあるのかもしれません。

昨年夏に北野天満宮を訪れたときは、けいおんの痛絵馬があっちこっちにぶら下がってましたしw
いっぽう晴明神社には少年陰陽師のポスターが……w
そして、けいおんの劇中で唯がギー太を購入してた楽器店「10GIA」(のモデルになったお店「JEUGIA」)では一時期ショーウィンドウにけいおんDVDのポスターとギブソンレスポールがどどん!とw

いや、面白いから良いんですけど、もともと地元に住んでる人がどう思ってるのかはちょっと気になります。
それとも店のポスターとかは分かってやってるのでしょうかw




と、いうことで京都のオタク事情について簡単ですがまとめてみました。
個人的には、やっぱり大阪や東京みたいな大都市にはかなわないけれども、それなりに充実してるかな?って感じですね。
もっと充実してくれてもいいし、別にこのままでもいいし、っていう絶妙なラインをキープしてるような。
まあ本気でほしい物が手に入らなかったら電車乗って大阪行くんですけどねっ!w